赤ちゃんに優しいウォーターサーバー

赤ちゃんに使う水はきれいで安全なものを選んで使いたいという方は多くいます。

毎日何度も与える粉ミルクはもちろん、お茶や白湯を与える機会も多くあります。
水道水はカルキの問題や、一部では放射能の問題もあり、市販のミネラルウォーターを購入する方もいます。


しかし、毎回市販品をボトルで購入するのは重く手間ですし、ごみが増えます。そんな時に役立つのがウォーターサーバーです。
ウォーターサーバーを取り扱う会社は増えており、各家庭に合った選び方ができます。

ミルクを与える際の赤ちゃんに最適な水温である、70~75度に設定できるウォーターサーバーもあります。これでしたら、夜間に急に赤ちゃんがミルクを欲しがって泣いてしまった場合でも、すぐに対応できます。

All About情報の失敗しない選び方を紹介します。

やかんでお湯を沸かしたり、熱湯と冷水で温度調節をするなどの手間がないので、隣りで寝ている家族を起こすこともありません。


ただ、水の成分の含有量に注意が必要です。赤ちゃんは大人とは違い胃腸が弱く繊細です。

マグネシウムやカルシウムなどのミネラル成分は胃腸の負担になりますので、ミネラル成分の少ない軟水を選ぶことが大切です。

粉ミルクには、必要なミネラル成分が既に計算されただけ含まれていますので、粉ミルクを作る際に使用する水はミネラル成分の多さにこだわる必要はありません。
このように家族みんなに優しく便利なのが、ウォーターサーバーの特徴です。



サーバーのレンタル料金や送料が無料の会社もありますので、家計にも赤ちゃんにも優しいです。


ご家庭に合った選び方で自由に活用できます。